ゆる旅LIFE

大ざっぱでめんどくさがり、人見知りに小心者。だけど好奇心は旺盛な私なかりえがカナダでの生活とひとり旅の記録をまとめたブログです。

神奈川おすすめ観光コース。小田原城を見るために小田原へ行く旅。

 

 

こんにちは、りえこです。

 

みなさま、神奈川県にお城があるって知ってましたか?

 

そう、小田原城です。

 

こんな陳腐な質問を冒頭にぶち込んでしまったのは何を隠そう神奈川県生まれ神奈川県育ちの私、小田原城を一度も目にしたことがなかったからです。

 

都心からこんなに近く。こんな場所があるなんて。

 

母の日に、母と二人思い立って行ってきました。旅の記録とおすすめのコースを一緒にご紹介してますのでよろしければ最後までお付き合いください。

 

 

 

 

 

小田原おさかなセンターでランチ

f:id:burabura89:20180514153057j:plain

 

母の日だからお茶でもしようかとスーパーへの道すがら母に尋ねてみると「小田原に行ってみたかったんだ」というので思い切って二人で行ってきました。

 

お昼を食べていなかったのでまずは腹ごしらえに。

 

道中のリサーチで小田原おさかなセンターがおすすめだという情報をゲットしていざ!

 

まずは小田原駅ではなくJR早川駅で下車します。大雨です。

 

 

f:id:burabura89:20180514153156j:plain

駅から歩いて10分ほど。

 

小田原の漁港を眺めながらおさかなセンターを目指します。 

 

 

 

f:id:burabura89:20180514153253j:plain

おさかなセンターは小田原漁港のすぐ隣。

 

おみやげ屋さんや食堂が集まっているのでちょっと間違えやすいですがこちらの看板がかかっています。

 

 

f:id:burabura89:20180514154009j:plain

 

おさかなセンターで魚介類を買って店先のスペースでバーベキューをすることもできるようでしたが、いかんせん雨だったのでこちらの食堂へ。

 

平日の14:00すぎだったので空いてました。 

 

f:id:burabura89:20180514154108j:plain

 

店内には芸能人の方のサインがいくつも。

 

 

f:id:burabura89:20180514154155j:plain

母も私も定食を頼んだのですが、おまけでホタテがついてきます。

プリプリで身が大きく、美味しかった...! 

 

 

f:id:burabura89:20180514154256j:plain

フライ定食 

 

 

f:id:burabura89:20180514154509j:plain

 イカ丼

 

品切れなどで早めに終わってしまうメニューもあるようでした。

 

 

f:id:burabura89:20180514154616j:plain

 ここで干物などのおみやげを購入。

 

おさかなセンターで買うより、隣の半兵衛というお店の方がコスパがいいみたい。

 

ここで買った鯛の干物が美味しかった。

 

 

 小田原駅に戻り小田原城へ

f:id:burabura89:20180514154715j:plain

 

JR小田原駅に戻り、小田原城を目指します。

 

駅から歩いて15分ほど。

 

お堀が見えてくるのですが、水が張られていることに感動。

 

皇居しか見たことがなかったので...

 

 

f:id:burabura89:20180514154826j:plain

 

バスのガイドさんらしき方から「赤い橋を渡って敷地に入るとお城の写真が撮りづらいから、その一本向こうの入り口から入るといい」というアドバイスをもらって入った入り口がこちらです。

 

 

f:id:burabura89:20180514154935j:plain

 

城門。江戸時代当時の姿をそのまま見ているようで、とにかくすごい、すごい...!と興奮。

 

f:id:burabura89:20180514155025j:plain

 

この穴から鉄砲を構えていたのだとか。

 

おしゃれでやってるわけではなかったのですね...。

 

 

 

f:id:burabura89:20180514155227j:plain

 

敷地内は広々としていて、よくもまあきちんとそのまま残しておいてくれたものだと感謝さえ覚えるくらいでした。

 

意外と歴史が好きなので今まで史跡をいくつか巡ってきたのですがお城の跡...というのが圧倒的に多かったので...

 

天守閣は名古屋城、犬山城、清洲城(工事中だった)を見に行ったことがあるのですが、小田原城のようにお堀に水が張られ、城門から天守閣まで全部残っているのを見たことがなかったのでいたく感動しました。

 

f:id:burabura89:20180514155334j:plain

 

敷地内に花菖蒲が植えられている場所がありました。

6月にはここで花菖蒲祭りが開催されるそうです。

 

お城の入場時間も夜まで延長してライトアップも見られるんだとか。みたい! 

 

f:id:burabura89:20180514155426j:plain

小田原城天守閣。

 

中は大人500円の入場料を払って入ることができます。

が、できたばかりの博物館のようにきっっれーーーに改修されてましたので古い建物好きからしたら特に入らなくてもいいかと...。

 

個人的には急で狭い当時の階段をそのまま残してたり梁が残っていたりとかした方が醍醐味を味わえて好きなので...。

 

場内の展示で小田原城の詳しい歴史をみることができるのでそれはそれで面白かったですが。

 

小田原城の歴史

小田原城の正確な起源は不明ですが、1417年の室町時代のころ大森頼春(おおもりよりはる)という人が戦で功績をあげてこのお城を与えられたのが最初だといわれています。頼春の子の代に北条早雲が城を乗っ取り、そこから真っ向からは誰にも攻め落とすことができない難攻不落の大城・小田原城ができたのだとか。

 

一度は名前を聞いたことのある歴史上の人物が小田原城に攻めに来ててびっくりした。

1560年 上杉謙信

1569年 武田信玄

そして1590年豊臣秀吉の策略により攻め落とされます。 

 

明治時代に再建されました。

 

 

小田原駅近くの喫茶店でひと休み 

f:id:burabura89:20180514155512j:plain

 

小田原城を一通り見終わった後は小田原駅に戻る途中にある喫茶店で休憩するのがオススメです。

 

いくつかカフェ・喫茶店を見かけたのですが、今回はくる時に気になっていたこちらの喫茶店にお邪魔しました。

 

小田原で35年続く喫茶店「豆の樹」。

 

f:id:burabura89:20180514155555j:plain

 

モカフロスティというコーヒーのシャーベットに生クリームがトッピングされている冷たいドリンクをオーダー。

 

思ったよりも甘すぎず美味しかった。

 

近所にあったら足繁く通ってしまいそうな喫茶店でした。

 

夕方17:30ごろのロマンスカーで帰路に。

 

小田原城のためだけに小田原に来てみてほしい

おさかなセンターでの美味しいご飯、城下町らしい町並み、古くからある喫茶店。想像していたよりずっと小田原は魅力的な街だったのですが、何よりも小田原城がもうとにかく素晴らしかった。

 

長い長い歴史の中、戦火を免れ修復もしてちゃんとこの姿を今の時間まで残しておいてくれた先人の方々と小田原城の幸運に頭を下げてお礼をしたいくらい。

 

天守閣だけでも残っているのはすごいことだと思っていたけど。空間そのものが残っていることで当時の空気を味わっているような体験もできました。大雨だったのですけど...晴れの日はどれだけすごいことか。

 

ぜひぜひおすすめしたいスポットでした。

 

お店情報

小田原おさかなセンター

小田原さかなセンター

〒250-0021

神奈川県小田原市早川1丁目6-1 水産会館 

 

 

小田原城

【公式】小田原城 難攻不落の城

〒250-0014

神奈川県小田原市城内 

 

 

珈琲館 豆の樹

小田原のレストラン 豆の樹 ヴィラ・珈琲館 豆の樹はくつろぎのお店

〒250-0011

神奈川県小田原市栄町1丁目2-16

 

 

小田原城あじさい花菖蒲まつり

平成30年6月2日(土)〜17日(日)開催

小田原市 | 小田原城あじさい花菖蒲まつり【平成30年6月2日(土)~17日(日)】