ゆる旅LIFE

大ざっぱでめんどくさがり、人見知りに小心者。だけど好奇心は旺盛な私なかりえがカナダでの生活とひとり旅の記録をまとめたブログです。

名古屋のおすすめ観光スポット。レトロ建築好きにはたまらない名古屋市市政資料館を堪能する旅。

こんにちは、りえこです。

 

大正ロマン、と聞くと無条件にワクワクしてしまう私です。

 

レトロだけどモダンで和洋折衷で。

 

名古屋には大正時代に建てられた本物の大正モダン建築がいくつか現存しています。

 

今回はそのうちの一つを訪ねた時の話。

 

私のように古い建築物を見るのが好きな方にぜひおすすめしたいスポットです。

 

それではどうぞ。

 

 

 

名古屋城のお堀を歩く

 

 

 今回の旅の出発地は名古屋城のお堀。

 

お堀の全容を見ることは叶いませんが、現在でもお堀の一部が街の中に残っています。

 

 

 

名古屋ではその昔、お堀の周りを瀬戸線という電車が走っていました。

 

お堀の周りを歩いていると線路や駅の面影が残っている場所を見つけられます。

 

お堀にはヒメボタルというホタルがいるのだとか...!

 

自然と街が共存しているのも名古屋の魅力の一つだと感じます。

 

 

 
お堀を後にして目的地へ。
 
道すがら気になった風景をパシャり。

 

 
絶対に美味しいという感じがする...!
 
 
 

名古屋市市政資料館

 

着きました。

今回の旅の目的地「名古屋市市政資料館」です!(外観撮り忘れた)

 

この資料館は大正11年に裁判所として建てられました。

 

裁判所としては取り壊しが決まっていたのですが、この貴重な建物を保存・活用してほしいという声が上がり、平成元年に「市政資料館」として市政に関する資料を保管・展示する場所として一般に開館されました。

 

左右対称になっていたり、2階から3階まで吹き抜けになっていたりするところがネオバロック様式の特徴なんだそうです...。

 

すごい重厚感。

 

NHKドラマ「坂の上の雲」など、映画やドラマのロケ地として何度か使われています。

 

 

この建物が建てられた翌年に関東大震災が発生したこともあり、日本で最後の大規模なレンガ造りの建物であるともいわれています。

 

 

 

 

 

昔の横文字の表記とか、すごくツボなのですがいかがでしょうか...

 

 

 

館内の展示室や集会室は有料で貸し出しも行っているみたいです。

 

結婚式の前撮りなどで使う方もいるのだとか。

 

 

 館内の喫茶室もおすすめスポットです。

 

コーヒーを頼んだら豆が出てくる名古屋が好きだ...!

 

 

レトロ建築好きは絶対に来てほしい場所

名古屋市市政資料館は大正11年に裁判所として建てられた国内最後の大規模なレンガ建築です。

 

ネオバロック様式でつくられた外観、内装はレトロ好きにはたまらないはず...!

 

入場無料で名古屋城からもそんなに離れていないので観光に来られた際にはフラッと立ち寄ってみてほしい場所です。

 

こちらに来る前に名古屋城のお堀をぐるっと見てから来られるのもおすすめの旅ルートです。

 

資料館とお店情報

名古屋市市政資料館

名古屋市:市政資料館案内(市政情報)

〒461-0011

愛知県名古屋市東区白壁一丁目3番地

 

名古屋市市政資料館 喫茶室

名古屋市市政資料館 喫茶室 - 東大手/喫茶店 [食べログ]

 

 

周辺スポット

館内の喫茶室もいい感じなのですが、こちらの「珈琲門」も激推しな喫茶店です...!

カレーが美味しいのです〜。

名古屋のおすすめカフェ 創業60年。珈琲とカレーのお店 珈琲 門 - ゆる旅LIFE