ゆる旅LIFE

大ざっぱでめんどくさがり、人見知りに小心者。だけど好奇心は旺盛な私なかりえがカナダでの生活とひとり旅の記録をまとめたブログです。

ひと味ちがう名古屋観光。岡本太郎がつくった鐘のある「久国寺」へ行ってみよう。

 

 

こんにちは、りえこです。

 

岡本太郎...

 

といえば大阪万博の「太陽の塔」をつくった人。

芸術は爆発だ!と言った人。

とにかく有名な人...

 

なんてイメージ、じゃないですか?

 

なんと名古屋の、しかも静かな住宅地の中にその「岡本太郎がデザインした鐘」のあるお寺があると知りなんとも言えず興味が湧いて一目見に出かけたのでした。

 

帰りに行けるおすすめのカフェも紹介してますので、休日のお散歩コースを探してる方、ぜひとも読んでみてください。

 

それではどうぞ。

 

久国寺への道すがら

 

f:id:burabura89:20180516194204j:plain

 

久国寺へはバス「清水口」を降りてぶらぶらと歩きながら向かいました。 

 

f:id:burabura89:20180516194235j:plain

 

こんなお店を眺めながら。

 

 

f:id:burabura89:20180516194300j:plain

 

何気ない景色にシャッターを押したくなる。

 

f:id:burabura89:20180516194330j:plain

 

これは...狙っておいたのだろうか...

 

路地裏、と言っていいのか、その奥に鉢植えがポツンと一つ。

 

 

久国寺

f:id:burabura89:20180516194400j:plain

 

そんなこんなで久国寺に到着しました。

 

この「久国寺」ができたのは慶長年間(1596年〜1615年)のこと。

1662年に今の場所に移設されました。

 

名古屋城の鬼門除けの役割があるんだそうです。

 

400年以上の歴史があるお寺なんですね...。

 

f:id:burabura89:20180516194430j:plain

 

境内を歩き、お賽銭をして神様へのご挨拶を済ませます。

 

そしてそっと振り返るとそこには...

 

 

 

f:id:burabura89:20180516194500j:plain

 

あった...!

 

岡本太郎がつくった鐘...!

 

教養がなさすぎて恥ずかしいのですが、お寺にある、この除夜の鐘って梵鐘(ぼんしょう)っていうんですね。

 

この梵鐘のタイトルは「歓喜の鐘」

 

突き出たトゲトゲは角ではなく人間の腕を表しているのだそうです。

 

森羅万象をテーマに製作されたもので、近くによって見てみると人や動物、仏様が描かれていました。

 

大晦日にはきちんと(?)除夜の鐘の役割も果たすらしく、叩くと角の部分が共鳴してゴォォォ〜ンという不思議な余韻のある音がします。(Youtubeで見たので興味のある方がいたら調べてみてほしい)

 

だけど生で聞いたらもっとすごいんだろうなあ。

この音を聞きに来てみたいですね。

 

大晦日には先着108名がこの鐘を叩くことができるみたいですよー!

 

 

 

 

f:id:burabura89:20180516194638j:plain

無人の御朱印台 

 

 

f:id:burabura89:20180516194657j:plain

 押してみた!

 

 

白壁Hanakoでひと休み 

f:id:burabura89:20180516194725j:plain

 

久国寺で歓喜の鐘を見て、ちょっと座って休みたいな、と思ったらぜひ「白壁Hanako」に行ってみてください。

 

歩いて10分くらいのところにあります。

 

 

f:id:burabura89:20180516194747j:plain

 

黒ごまバナナジュースを頼みました。

 

女子にはたまらないドリンクじゃないですか...?

(※2016年時の情報です)

 

ドリンク・デザートメニューも去ることながら、ここ白壁Hanakoは食事メニューがすごくいいんです...!

webサイト見てほしい。 

 

メインを3種類選べるとか...!?

ちょっとずつ色々食べられて最&高ですよね...??

 

お茶をしに来てもいいし、ご飯を食べに来てもいいし。

雰囲気もとてもいいカフェなのでおすすめです〜。

 

 

ひっそりと隠れた名古屋の魅力を見に行く旅

名古屋の北区にある「久国寺」は創建400年以上。1662年に今の場所に移されました。

 

岡本太郎により梵鐘「歓喜の鐘」がつくられたのは1965年のこと。

 

今までに見たことのない不思議な存在感のある鐘でした。

 

森羅万象を表したこの鐘は鳴らすと角の部分が共鳴して他の鐘とは違う音を聞くことができるそう。

 

お寺を後にしてちょっと一休みしたいな、お腹がすいたな、と思ったらぜひ白壁Hanakoに行ってみてください。

 

雰囲気バツグンで食べ物も美味しい素敵なカフェですよ。

 

観光地情報

久国寺

久国寺(webサイト)

〒462-0837

愛知県名古屋市北区大杉3丁目2-27 

 

白壁Hanako

白壁hanaco – 白壁Hanaco|名古屋市東区白壁のカフェ、ハナコの公式サイト

〒461-0011

愛知県名古屋市東区白壁3丁目24-58 日興コーポラス

 

 

周辺おすすめ情報

久国寺近くの尾張菓子「きた川」にはここでしか食べられない和菓子へそくり餅が置いてあります。

ひと味ちがう名古屋観光。尾張菓子へそくり餅を楽しむ旅。 - ゆる旅LIFE