ゆる旅LIFE

大ざっぱでめんどくさがり、人見知りに小心者。だけど好奇心は旺盛な私なかりえがカナダでの生活とひとり旅の記録をまとめたブログです。

就職したよ。

f:id:burabura89:20180930193231j:plain

 

こんにちは、りえこ(@rieco)です。

いやー、すっかり更新が途絶えてしまってました...!

 

学校に転職活動…あれよあれよと気づいたら9月も末日…!

 

 

実は現在、エンジニアとして東京で働いております!どーん!

 

 

www.blablarecord.com

 

 

前回までは帰国してから職業訓練校に通い始めるまで

を書いたので、今回は就活を始めてから就職先を決めるまで、と今の報告を少しだけ書こうかと思います。

 

ワーホリ後の就職が気になる人

はもちろん、

転職活動に興味のある人

にも参考になる記事かと思うのでよかったら最後までお付き合いくださいまし。

 

7月、学校へ通いながら就活スタート

9月から働き始めたいな〜と思っていたので、就活の期間がだいたい1ヶ月+お盆休みがあることを考えて7月末ごろから応募を開始しました。

 

当初の希望職種はwebデザイナー。

 

学校でwebサイトをつくってみて、仕事としてイメージしやすかったので

正直プログラマーとデザイナーの違いもよくわかってない状態だったんですが、いくつか転職サイトに登録して応募してみました。

 

ちなみに私が使った転職サイトはこちら。

でした。実際によく使ってたのはエン転職とfind job!

エン転職は見やすくて、企業の雰囲気もよくわかって使いやすかったです。

find job!はIT系の求人が多いサイトみたいです。

 

 

エンジニアとして内定を決める

希望の職種はwebデザイナー…だったはずが内定を決めた職種はエンジニア…!

学校に通って制作をしながら、そして転職活動をしながら感じていたことがあったのですが

それは「手を動かしてコーディングしてる方が楽しい…!」ということ。

当初の理想として、webサイトのデザインをして、コーディングもする…!って考えてたんですがいざ就活を始めてみるとwebデザイナーはデザイン担当、コーディングはコーダーか別の会社に委託するっていうところが多くて。

 

webデザイナーはたくさんいる。エンジニアは不足してる

これは就活で面接してくれた企業の方が教えてくれたのですが、デザイナーとエンジニアの応募をかけるとデザイナーはエンジニアの3倍くらい応募があって、実際に働いている人もデザイナーの方が多いよ、と。

 

コーディングしている方が楽しい、デザイナーよりエンジニアになる方が可能性あるかも?と考えて、思い切ってエンジニアにシフトチェンジすることに!

 

そしてご縁あって今の会社に内定をいただきました。

 

今!

現在は研修中で、まだ実際の仕事は始まってない状態です。11月くらいからスタートする予定!仕事が始まったらどんな感じかまた発信したいなーと思ってます。

 

ワーホリの経験は強みにできる

ざっくりと私が就職先を決めるまでの流れを紹介しました。

転職活動を始める前、一番不安だったことが「企業側にワーホリの経験はどう思われるんだろう」てことでした。

結構出発する前に「帰ってきてから就職できるのか」「経歴にブランクができるので不利になるのではないか」などなど不安に思ってる人って多いのではないでしょうか?

 

私もその一人で、転職活動の前はドキドキだったのですが結果的には面接を受けた会社は評価してもらえたところが多く、自分のアピールポイントにできました。

 

どうやって相手に伝えるかがもちろん大事だと思いますが、ワーホリ後の就職が不安でいくのを考えている人には「全然不安にならなくていい!」って伝えたい!

 

こんな感じで、7月末に就活を始めて8月上旬ごろ内定をいただき、9月からエンジニアとして働き始めております。就活でワーホリの経験が不利になると感じたことはなかったよ。

 

ではでは本当にざっくりとですがこの辺で。

ワーホリに関するブログはこれで一旦ピリオドになるかと思います。

「ワーホリのその後」の部分もかけたので。

今後は旅のこととか、仕事のこととか書けたらいいなと思ってます。

気が向いたら覗いてみてくださいね!

 

それでは。