ぷらぷられこーど

いつもひとりふらふらしてる私の旅とその準備の記録など

カナダワーホリ / 超初心者の私が楽しめたからバンフに来たらレイクルイーズのハイキングはおすすめだよ。

こんにちは、りえこです。またまた久しぶりの更新になってしまった!

最近はお休みの日にいろいろとお出かけする機会が多くて毎日忙しく楽しくやってます。さて、今回はそんなお出かけシリーズ第一弾。

 

レイクルイーズでのハイキング!

ハイキングの名所が山ほどあるバンフにいるくせに、休日は家に引きこもっているばかりだった私を見かねて同僚が連れてってくれました。

 

目次

 

 

レイクルイーズってどこ?

バンフから車で1号線を北に走って1時間くらいのところにありますよ。

 

 

どうやって行くの?

私は友だちの車にのっけてってもらったのですが、レイクルイーズまでは公共バスでも行けます。今年は10月4日まで無料バスが出ているみたい!

詳細はこちらのリンクからどうぞ。

Lake Louise Bus Service | The Lake Louise Ski Resort

 

どんなハイクコース?

トレイル入り口までの行き方

パーキングから湖に向かって歩いていくと、上の写真のような景色が。

湖を正面にして右側に、湖に沿って歩いていきましょう!

 

ずっとずっと湖に沿って歩いていくと、トレイルの入り口に着きます。

 

夏期であればハイキングに訪れる人も多く、トレイルまでの道も1本道で人の流れもあるのでまず迷うことはないでしょう。

 

 

ハイキングの様子

 

トレイルは一本道ですが、歩いていくとどんどん景色が変わっていきます。

 

 

川もあったり。

 

 

湖を半周して後ろを振り返った時に見える景色。

 

 

リスがたくさんいてとっても近くで見れます!

触ったり餌をあげるのはいけないみたい。

この時もリスを触ろうとしていた少年に通りすがりのおじさんが「Leave it alone」って「ほっといてあげて~」っていう感じで注意してました。

 

 

 

 

 道中のティーハウスでちょっと休憩。

トレイの中盤を少し過ぎたころ、ティーハウスへの道が現れます。

 

 

せっかくなので寄ってみましたー!

 

 

スコーンとコーヒーでチップ合わせて10ドルくらい。

ゴミは自分たちで持ち帰って~!お願い~!っていう看板があった。

ので、ジャムのパックとかスコーンの下にひいてる紙とかまとめて持って帰りました。

山中にあるとゴミの処理も大変みたいです。

 

 

ティーハウスで一休みしたら、終点の氷河が見えるところを目指しますよ。

 

 

 

だいぶ頂上付近に近づいてきたところ。レイクルイーズを見下ろせるんだけど、ここにきて縦長な湖なんだな、と実感します。

 

 

ちょっと氷河が見えてきた~。

 

 

最終地点。

写真じゃ全然伝わらないんだけど、ものすごい壮大さです(語彙力・・・)

こんな景色が同じ地球上にあるんだなーとしみじみと感動しました。

 

服装

 ふつうのスニーカーにレギンスとスカート、上はシャツとパーカーの上にウルトラライトダウンを羽織っていきました。

歩いてる途中はシャツ1枚でも暑いくらいだったんだけど、頂上付近は全部着てもちょっと肌寒いくらいだったので温度調整のしやすい格好で行くこと!

 

スニーカーで行ったら足ががくがくになってしまったので、ハイキングシューズで行くことをおすすめします。

 

キツさ

途中途中休みながら登って行って帰ってきたころには結構へとへとになってました。

 

注意点

お手洗いが駐車場のところにしかないので、必ずそこですませてから出発すること。あと個室によって紙がないところがあるので入る前に事前チェック!

 

時期

9月上旬 朝8時ごろトレイルに入りました。

 

所要時間

往復6時間ほど。(ゆっくり写真を撮りながら)

 

歩くほどに景色が変わって全然飽きることなくハイキングを楽しめます!

 

昼頃になると人がどっと増えていたので、早朝から登り始めることをおすすめします。

 

アクセスもしやすいので、バンフに来た際にはぜひ。

ではでは今回はこの辺で。