ぷらぷられこーど

いつもひとりふらふらしてる私の旅とその準備の記録など

カナダワーホリ / ローカルお仕事探し編⑥次の仕事決まったよ。

f:id:burabura89:20170720145744j:plain

気になってたドーナツチェーンから面接の連絡がきて、さらにレジュメを落としたカフェでトレーニングもゲットして、これはかなりきてる・・・波がきてる・・・

私の時代がきてる・・・・!!!

と、半分調子に乗りつつ、半分前回の英語の面接で痛い思いをしているので

 

今回はもう絶対に後悔しないようにしよう!!!

 

と、心に決めドーナツチェーンの面接に向けて準備していったのでした。

 

というかカナダのドーナツチェーンっていって気づいてる人はとっくに気づいてると思うけど、私が今回面接ゲットしたのは

 

Tim Hortonsです。

 

※Tim Hortonsを知らない人のために・・・

カナダ(とアメリカに2店舗)あるコーヒー&ドーナツチェーンというか、ドーナツも売ってるしサンドイッチも、ベーグルもあるファストフード店。安いしおいしい!!!バンクーバーにいた学生時代かなりお世話になっていたのでした。

カナダにしかないので旅行に来る方はぜひお立ち寄りになってみてくださいな。

 

 

 

 

前回答えられなかった質問に対する答えも考えていって、Tim Hortonsの面接でよく聞かれる質問もシミュレーションして(ネットで調べると出てくる)

 

バンフからキャンモアまでのバスの中で必死に暗記し

 

面接時間ぎりぎりまでメモを見て暗記し

 

 

よっしゃー!!!!どこからでもかかってこいやぁあああ!!!!!!!!!!!!

 

 

とかなり意気込んでお店に乗り込み、ジョブインタビューで来たことを告げマネージャーさんを待つ

 

 

 

 

 

(最初の挨拶ってなんていえばいいんだ??Nice to meet you How are youとか言っておけばいいのか!?)

なんて考えながら緊張してカウンターの隅の方で待っていると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あ、もしかしてりえこさんですかー??初めましてマネージャーのK(イニシャル)です~」

 

 

 

 

 

 

日本語だー!笑

 

 

 

 

 

なんと私がレジュメ落としたTim Hortonsのマネージャーさんがたまたま日本人の方だったのでした。面接は英語でやるのかななんて思ったら、「土日は絶対入ってほしいけど大丈夫か」とか時給の話とか、なんというか採用する前提の内容でもうその場で次に来る日も決めて15分ほどで終わった笑

 

聞くと、夏はハイシーズンで特に忙しいのに人が足りてなくて大変な状態だったらしい。

 

ということで

 

 

なにはともあれ

 

 

晴れて

 

 

 

Tim Hortonsで働くことになりましたー!!!

わーい!!!

 

というかこの記事書いてる今すでに採用されてから3週間くらいたってるのでバリバリフルタイムで働いてます。

 

前述したカフェでのトレーニングですが、Tim Hortonsにするかそっちのカフェにするか正直結構悩んだんだけど、前職をやめた一番の理由が英語環境で働いてみたいっていうことだったので、それを考えるとカフェの方は、お客さんは地元の人が多いみたいだけど従業員さんはほとんど日本人の方。

Tim Hortonsの方は日本人は私とマネージャーさんだけで、そのほかの人はほとんどが英語が母国語か公用語の人(カナディアンのスチューデントがたくさん働いてる)。

カフェの方はバリスタの経験もできるし、すごくいい雰囲気のカフェではたらきたーい!!って思ったけど、そこで働いちゃうとまた後悔してしまいそうだったし、Tim Hortonsの方もすごくいい雰囲気だったので自分のやりたいことと照らし合わせて、カフェのトレーニングはお断りしたのでした。

 

3週間働いてみて、Tim Hortonsは特に土日がめちゃめちゃ忙しいけどお客さんも地元の人だし、同僚もみんな英語が堪能なので英語環境で働きたいワーホリ初心者の私にはちょうどいいところだったのかなーと思ってます。(仕事自体は覚えることがたくさんあるけど、そんなに難しくない)

 

ちなみに時給は$14ですよー。

 

私的に田舎のTim Hortonsは英語環境で働きたい人におすすめかもです。

(バンクーバーにいたときはTim Hortonsは英語がFirst Languageじゃない人しか働いてないイメージだったので)

 

これにてローカルお仕事探し編終わり。

 

これからTim Hortonsでのこともちょっとずつかけたらいいなと思ってます。

 

ではでは