ぷらぷられこーど

いつもひとりふらふらしてる私の旅とその準備の記録など

カナダワーホリ / ゴンドラに乗ってバンフをてっぺんから眺めてみたよ。

こんにちは、りえこです。

 

実は先日5月28日は

 

 

LOCALS appreciation DAY!!

 

といって年に1回バンフ(と近郊の町)に住むローカルの人限定でゴンドラや湖のボートなどドネーションで楽しめる日だったのです!

ドネーションで楽しめるって自分で書いてて意味が分からないんだけど、自分で決めたドネーション額分(寄付する分のお金)を支払えば正規料金を払わずにアトラクションが楽しめるという感じ?

 

バンフには、サルファー山という山の頂上までいけるゴンドラがあるんだけど、通常料金がなんと$56もするのでこの日を狙って友だちと楽しみにきました!!

 

ゴンドラ乗り場まではフリーのシャトルバスでいきますよー。

 

シャトルバスはBanff avenue沿いにあるElk hotel前から20分おきに出ています。

 

友だちと9:20の始発に乗る約束をしてたのに、私が場所を間違えてしまったせいで1つ遅れて違うバスに乗ることに・・・。

 

 

10分ほどバスに揺られ、ゴンドラ乗り場に到着。

めちゃいい天気だった!そして朝早いのに結構混んでました。

 

 

誰でもドネーションだけで乗れるわけじゃなくて、ローカルの人対象なので、受付でバンフに住んでることを証明できるものを見せる必要があります。

私は運転免許をバンフで英語のものに書き換えてたのでそれを見せましたよー。

その時に「ドネーション払う?」とかって聞かれたので友だちと2人合計で$5払いました。あくまで気持ちなので金額は決まってないみたい。カードで支払ってる人が多かったイメージ。

受付をすませると上のバーコード付きのチケットと、乗車時間と降車時間が書かれたチケットを2枚渡されます。

私たちの場合、10:20に乗って12:10までには降りてきてねっていうチケットだった。

ゴンドラに乗るときと降りるときにバーコードをピッとしてもらいますよー。

 

 

ゴンドラは4人乗りでスキーのリフトみたいにどんどんやってきます。

係員のお兄さん・お姉さんがお客さんが何人組なのかみて適当に振り分けていきます。

 

 

ゴンドラからの景色。登山してる人が見えたりして面白かった!

日本で乗ったことのあるゴンドラと違って結構揺れた。

 

 

ゴンドラの終着地点にある建物内。

簡単な博物館みたいなフロアや

 

 

お土産やさん、レストラン、カフェ、展望台なんかが入ってた。去年新しくできたばっかりみたいでとってもきれいでしたー!

 

 

さらにさらに、展望台から観測所まで木道が通っていて、ちょっとしたハイキング気分も味わえます。

 

この木道が、結構アップダウンもあったりして、なんだかんだ距離もあって

ちょっとだけ大変だったんだけど

 

 

ここからの景色が

 

 

 

 

 

 

 

そりゃーもうきれいで・・・

 

 

 

 

 

 

天気もよくてものすごーく気持ちよかったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

ていうか

 

 

 

 

 

 

まじたけーーー!!!(標高が)

 

 

 

 

今までの人生で一番標高が高いところにいるかもしれない、と思った。

(ちがうかな、ブータンだったかな・・・。)

 

 

あ、ちなみにこのバンフのゴンドラには世界で一番標高が高いところにある(らしい?)スタバがありますよー!!

 

 

ちなみにちなみに、リスもめっちゃいます。

 

いやー($56じゃなかったら)すっごくおすすめの場所ですよ!

本当にきれいでした。建物の中からでも十分景色を楽しめるので雪の日も、夜景もいつでも楽しめそうと思った。

 

観光で来られる方は、現地の観光ツアーなどにゴンドラが組み込まれてるものでくるのがお得かもしれません。

 

機会があればぜひー。

 

ではでは。