ゆる旅LIFE

大ざっぱでめんどくさがり、人見知りに小心者。だけど好奇心は旺盛な私なかりえがカナダでの生活とひとり旅の記録をまとめたブログです。

カナダワーホリ、結局いくらかかった?貯金は?費用と稼いだ総額まとめ

 

f:id:burabura89:20180315223413j:plain

こんにちは、りえこです。

 

私がワーホリ行きを決める前。

会社員をしながら「将来このままでいいのかなぁ?」とか「ワーホリに行こうかなぁ」とか行ったり来たり悩んでました。

 

早く踏み切れなかった理由のひとつ、やっぱり『お金』です。

結局どのくらいかかんの?

働けるっていうけどそれで貯金とかできるの?

むしろ生活できるの??

って今準備してる人も心配ですよね?

 

私もワーホリ前、それが心配で色んな人のブログを読み漁っていたので、今回はそんな方々のために『私がカナダワーホリに使った総額』と『カナダで稼いだお金の総額』をまとめて公開、実際どうだったのか?をみなさんにお伝えしたいと思います!(ところどころざっくりなところがありますが、すいません・・・)

 

それではどうぞ~

 

 

かかった初期費用

ビザの申請料 $250
航空券(往復)約12万
海外保険料 AIU 約21万
語学学校の費用 約455,000円

入学金、教材費込み

エージェントに払ったお金 約26,000円

学校などの手配手数料、メンバー登録料(登録するとビザの申請サポートをしてくれたり、個別カウンセリングしてくれたりしました。)

空港送迎代 約12,000円
海外送金手数料 8,000円

エージェントに学校の手続きをしてもらったときにかかりました。

総額  850,000円くらい

 

カナダに行ってからかかった費用。生活費

だいたい月$1,000~1,200くらい

ざっくりですいません・・・。

年間でかかった総額は120万くらいでした。

生活費と初期費用合わせると210万くらいになるかな、と。

 

 

稼いだお金

旅行会社2か月とTim Hortons8か月(うち半月旅行)

総額160万くらい(ざっくりですいません・・・。)

 

 

 

 

 働き始めたらお給料で生活費はまかなえる

総額のプラスマイナスだけでみると「え、そんなにかかるの!?」ってびっくりするかもしれない。でもこれはあくまで1年間カナダで生活してかかった生活費+ワーホリに行く時の初期費用ぜんぶまとめた金額です。

フルタイムの仕事を始めたらそのお給料で生活費はまかなえるし、貯金も月々$500~1,000はできてました。この貯金額はバンフでフルタイムで働いてる人の中では少ない方だと思います。

 

 

ただ費用を抑えられればそれでいいの?

私はワーホリ協会さんにメンバー登録して、ビザ申請のサポートとか学校の紹介、入学手続きまでやってもらいました。手数料はかかったけど、一人でビザの申請するよりはだいぶ時間が省けたし、学校もいい学校を紹介してもらったな、と今でも感じます。

 

費用を抑えてワーホリするために、保険料を抑える、エージェントは通さず自力で手続きする、語学学校は通わない等々の方法は色々あるけど、私はそれらの節約方法に懐疑的です。なぜなら、私がもしお金をかけないように上記の方法(安い保険で済ませて自力で手続きをする。語学学校には通わず最初から働き始める)を使っていたとしたら「ちゃんと手続きできたか」「もし現地でケガをして費用を払えなかったらどうしよう(安い保険は最初に自分で治療費負担しなければならないです)」とかそういう不安な気持ちにかなりの時間を割かれていたと思うし、語学学校に通っていなかったら英語ができずに心が折れていたと思います

「今だったらできる」と思えるけど、そう思えるのはあくまでカナダで1年間すごした経験があるからです。

 

「自分だったら大丈夫」と思える自信があるならいいけど、もし不安に思う気持ちがあるなら、それをなくすためにお金を使うのは私は悪いことではないと思います。

不安な気持ちを抱えてる時間ってもったいないから。ましてや会社員をやりながらワーホリの準備をしていたら自分の時間(=準備にかけられる時間)ってすごく限られてるし貴重だよね?

 

 

www.blablarecord.com

 かなり迷った海外保険の話。

 

あとワーホリビザは貴重な働けるビザなので、フィリピン留学や観光ビザで入国して語学学校に数か月通ったあとワーホリビザを取得してカナダに入国するのもいいかな、と思いました!

 

 

抑えられるところはしっかり抑える。生活に慣れてきてからお金の使い方を見直す

そんな私も、もっとこうすればよかったな、と反省する点があります。

それは「固定費の見直し」をしなかったこと。具体的には家賃をもう少し抑えられたし、電話も途中から必要なくなっていたので早めに解約すればよかったということです。

1年も住んでいると、3~4か月したころにはカナダでの生活に慣れてきます。そういう頃に自分の出費を見直して削れるところは削ればいいのです。

 

 

 

 航空券は安く抑えられる

航空券は渡航する時期、あと忘れてはいけないのは曜日によって値段が全然違うので、こまめにチェックしてできるだけ安い航空券を取りましょう!

航空券のチェックはスカイスキャナー で行いました。

 

 

渡航する時期を誤った!?住民税について

私がもうちょっと考えればよかったな、と思ったのは住民税についてです。

住民税は1月1日に在住していた地域の住民税を、その前年の収入から計算して出すようです

私がカナダに行ったのは1月末。1か月しか日本にいなかったのに1年分の住民税を支払わなければいけなくなりました。しかも前年は会社員してたので結構な金額に・・・。12月末に出国して語学学校に通い、求人が増えてくる暖かくなってくる時期に働き始めるのもよかったかな、と。

 

 

まとめ

  • かかった費の総額(初期費用+生活費) 210万くらい
  • カナダで稼いだお金 160万くらい
  • 安い保険を選んだり自力で手続きしようとして「これでいいのかな?」と不安な気持ちを抱えるくらいなら、安心できるところにお金を使う。それが時間の節約にもなる
  • 航空券はスカイスキャナー をこまめにチェックして安い時期を狙ってとる
  • 1月1日以降に出国する人は1年分の住民税払わないといけないので注意!

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

ワーホリ行きを考えてる人の手助けに少しでもなれたらうれしいです。

ではでは。