読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷらぷられこーど

いつもひとりふらふらしてる私の旅とその準備の記録など

海外女一人旅ラオス準備 / 旅程を決める


 

日程と国を決めたら、次は具体的な旅程を決めます。

・地球の歩き方を読む
・ラオスの旅行記をBlogや4travelで読む
私の情報収集はだいたいいつもこんな感じ。


 



北欧、ブータンの時はブログを読みまくって行ったせいか「あ、これブログで見たわ」っていう光景に何度か遭遇したので(それでも実物を見てとても感動はしたのだけど)今回はあまり読みすぎず、「ラオス国内線の航空チケットはどうやってとったらいいのか」とか「オススメのホテルはどこか」とか気になったことだけピンポイントで調べて、あまり前情報を入れないことを意識してました。

ルアンプラバンで托鉢を見たい


さて、そんなこんなで私のラオス旅の目的は「ルアンプラバンの町並みを楽しむ」「托鉢を見る」「美味しいものを食べる」に決まりました。
(他にも「海外でSIMカードを買う」「現地でバスに乗る」といったミッションも自分に課してました。海外で初めてできるようになることがあると面白いです。)

ルアンプラバンは小さい町で、首都ヴィエンチャンとルアンプラバンの2つを周っても時間がありそうだったので他にどこか行けるところはないかな〜と考えた結果

ヴィエンチャンとルアンプラバンの道中にあるヴァンビエンという町でも1泊することにしました。



こんな感じですね。


ラオスでの移動はバスか飛行機


旅する中で移動手段をどう確保するかって結構大切だと思います。
ラオスは電車が通っていないので、バスか飛行機。
飛行機は快適で時短だけど高い。バスは安いけど時間がかかる、プラスひたすら山道を走るので乗り物弱い人にはきついかもしません。

途中でヴァンビエンにもよることを決めたので、
ヴィエンチャン⇨ヴァンビエン⇨ルアンプラバンの片道はバス
ルアンプラバン⇨ヴァンビエンの帰り道は飛行機にすることにしました。



こんな感じ

ホテルの予約

 
学生時代ラオスに旅行したことのある友人は、最初の1泊だけホテルをとって、あとは移動先でホテル探しをしたと言っていたのですが、私は会社勤めで限られたお休み。ちゃんと帰国しなければ、という責任感から全日程ちゃんとホテルを予約していくことにしました。
 
今回はAgodaを使って予約!支払いもネット上でできました。