ぷらぷられこーど

いつもひとりふらふらしてる私の旅とその準備の記録など

海外ひとり旅。ラオス・ルアンパバーンでおすすめのホテルVilla Kingkham Riverside

 

 

女子海外ひとり旅ラオス編。

最終目的地、ルアンパバーンに到着しました。

 

ラオスに来たかった一番の理由は「托鉢」と「ルアンパバーンの町並み」を見ること!

 

ルアンパバーンは街自体が世界遺産に登録されているのです。そんなとても美しい街、ルアンパバーンで滞在したホテルもとってもいいところだったのでご紹介しまーす。 

 
 
場所はこちら。
 
Villa Kingkham Riverside

 

ナイトマーケットを開催している場所のほど近くです。

 

 

 

おすすめポイント 

おすすめスポットを地図に書いて教えてくれる


バスターミナルからトゥクトゥクに揺られやっとこさ着いたホテル。

バスに6時間以上乗ったあとだったので、へとへとだしめちゃくちゃ暑い。
ヘロヘロな状態で受付のお兄さんに予約してることを伝えるとロビーの席に通されてウェルカムドリンクを出してくれました。
 
これがさっぱりしててめっちゃおいしかったー!
 
部屋に案内される前に、フロントにあるテーブル席でホテルオリジナルmapにおすすめの観光地、レストランなどを話しながら書いて教えてくれました。
 
 

部屋がきれい

 

 ラオスでは3か所に滞在しましたが、このホテルがダントツできれいでした。こ

れで宿泊費3泊6,450円!今回はagodaで予約しました。水周りも清潔。満足です。 

 

景色がきれい

 

滞在した部屋(上の写真)、窓を開けるとテラスになっていて、そこからメコン川の支流が臨めるんです。朝日も見られて、本当にきれいでした。写真を撮らなかったことが悔やまれる。お知りになりたい方はagodaのホテルサイトからどうぞ。 

 

 

朝食付き

ラオスのホテルではだいたいどこも朝食が付いていました。

果物とパンだけの朝食なんだけど、不思議とおいしいのです。

難点はハエがめちゃめちゃいること。(ラオスでハエを避けることは不可能だと悟った瞬間) 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタント麺にレモングラス、ミントなどが入っている。フォー?これがやたらおいしい。

 

 

グラノーラ。フルーツがやたら甘い。

   

 

残念ポイント

 

部屋にテレビがついてない

 

ひとり旅なもので、部屋にひとりでいると雑音がほしいというか。情報収集するのにもよかったり。でもなくても困りはしないんだけどね!←

 

部屋にヤモリがいた

 

1日を終えてシャワーを浴び、さーて寝るかーなんて思って布団に潜り目を閉じるとどこからともなく

 

カッカッカッカッ 

 

という音が。外の音かな?なんて思っていると、どうも私が今いる部屋の中から発せられている様子。

 

なんの音じゃーと思い明かりをつけて部屋を見渡すと壁に一匹のヤモリが・・・。

いやまさかこのヤモリがあの音出すわけないよね・・・なんて最初は疑っていたのですが、

じーっと見ていると

 

カッカッカッカッ 

 

と部屋中に響き渡る音でヤモリがなき始めました!!

 

ヤモリってこうやって鳴くんだ ってちょっと感動したけど人によっては嫌だよね、と思って残念ポイントに。  

 

こんな残念ポイントがあるけれど

立地も良くて部屋も清潔、景色も綺麗。

従業員の方々も感じが良くて、おすすめのホテルです! 

ご予約の際はagodaからどうぞ。