読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷらぷられこーど

いつもひとりふらふらしてる私の旅とその準備の記録など

女海外一人旅ラオス 飛行機に乗れない!?チェックインカウンターで「満席」と言われる


ラオスへ向けて出発です。

今回の往路は
11:00名古屋発⇨15:00バンコク着 19:35バンコク発⇨20:45ヴィエンチャン着。
 

 



バンコクのスワンナプーム国際空港で乗り換えるのはブータン以来2回目だったので
余裕!と思って悠々とチェックインカウンターに。

GW真っ只中だったのですごい人でした。

Eチケットとパスポートを出して発券を待つ。
パソコンでカタカタカタ・・・と手続きを進めているチェックインカウンターのお姉さん。
すると、お姉さんから


「本日は満席となっておりまして・・・」

の一言・・・





「え・・・・」
(自分の血の気の引く音が聞こえる)

お姉さん「非常口の席でもいいでしょうか?」

私(あ、よかった)「あ、はい大丈夫です」

お姉さん「英語かタイ語は話せますか?」

私(焦る)「英語なら少しだけ話せます」

お姉さん「非常時にスタッフに協力していただくことになりますが・・・」

私(え、ていうか)「話せないとどうなりますか?」

お姉さん「・・・ちょっとお待ちください」

どこかに電話するお姉さん。
電話口の人に「あ、すいません!」と言ってるお姉さん。

結果、非常口以外の席で空いてる席があったのでその席にしてもらえることに。

(まさか搭乗を断られると思ってめっちゃ焦ったあああ)

指定された座席は機内食の準備をするスペースのすぐ隣の通路側の席でした。

ご飯の匂いがちょっと気になったけど、後ろに誰もいないので、思うがままリクライニングを倒せたし、お手洗いも近かったので楽だった。

事前に座席の予約をできたらしておいた方が心の平静を保てると思った出来事でした。



難なくスワンナプーム国際空港に到着


乗り継ぎ時間が4時間以上あったのでどうしようかな〜と空港内をブラブラ。
タイ料理屋へ入ることも考えましたが、機内食も食べてお腹がいっぱいになると思い結局スタバへ。なんだかんだ落ち着きます。

定時でラオス・ワットタイ国際空港に到着。

ラオスの旅はじまります。