ぷらぷられこーど

いつもひとりふらふらしてる私の旅とその準備の記録など

/ 女海外一人旅ブータン / タクツァン僧院

この旅の最大の目的地、タクツァン僧院へ向かいます!
ホテルを朝出発。ティンプーからパロへの道路をまたまたひたすら走ります。
 
 

 

 
道端に普通に牛がいる衝撃
 
露店も出ています。
品揃えが大体どこも一緒。
 
 
タクツァン僧院の麓に着きました。
歩くのがきつい人は有料で途中まで馬に乗って登れます。
 
 
お店の準備をする人々
 
 
運転手のサンゲさんは待機。
「さあ、頑張っていきましょう」とさっさと歩き始めるソナムくん。
登る前にさ、いよいよですね、みたいな話を期待してたんだけど。全然ないのね。
 
 
写真右上の山の中腹まで行きます。
 
 
お天気も良くって景色も空気もきれいでした。
 
 
ところどころにマニ車があります。
 
 
仕事を終え下山する馬。なんか楽しそうだなあ、と思って見ていたら「仕事が終わったら馬たちはハッピーなんですよ」とソナムくん。

 
ところどころにルンタがあります。
ルン=風 タ=馬の意味。
一つ一つにお祈りが書いてあって、世界中どこにいても風に乗ってお祈りが届くように。

 
途中。きつい。
 
 
休む馬。

 
休憩です。ここまで1時間くらい歩いたのかなあ。

 
 

 
再び出発。さっきのカフェを過ぎるとだいぶ平坦な道になってきて楽になります。
それまではきつい上り坂で空気も薄いし、息がうまくできなくて苦しかった。
高山病。ソナムくんが荷物を持ってくれて楽になりました。

 
見えてきた!

 
ガイドブックなどでよく見る風景。

 
お寺からの景色。
お寺の中は撮影禁止。
このお寺を見ると来世は幸せになれると信じられている。
 

 
さっきのカフェでお昼です。高山地帯だからなのか食欲湧かず。

 
もりもり食べるソナムくん。
往復5時間くらいかかりました。それでも「頑張って早く終わりましたね」ってソナムくんに褒められた。帰り道はだいぶ楽で、ソナムくんといろいろな話をした。
チベット人の男性にも会ってソナムくんが話してた。チベットはいつか行ってみたいところなのだそうだ。私も行ってみたいなあ。