読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷらぷられこーど

いつもひとりふらふらしてる私の旅とその準備の記録など

【名古屋散歩】初めて大ナゴヤ大学の講義を受けてうーんと考えながら気になっ

先週と2週続けて晴れた休日

今日は久しぶりに用事があったので、栄に

初めて「大ナゴヤ大学」の授業を受けてきました!



受けたのは「名古屋ってどんなまち?」という講義

日ごろ名古屋をうろうろしていて
なんで西側は古いものがたくさん残っているのに東側はそうでもないんだろ
とか、気になっていて
たまたまtwitterで流れてきたのを見て思わず参加

紀元前の名古屋の地理から江戸時代の都市構造、戦後の復興を経てこれから
の名古屋のまちづくりの話を。

話を聞いてうーんと考えながら久屋大通を歩いて
気になるカフェに辿りつきました

Cafe Rob




スーパーの中にあるカフェ
(人が映らないように撮ったら…)


レジ横の階段を上って2Fのカフェスペースに



なんでまちづくりをしなくちゃいけないの、まちづくりって必要なの

名古屋が戦時中38回も空襲にあっていたなんて知らなかった
インフラ整備してどうやって人が生活できるようにしていくか
まっさらのゼロの状態からまちをつくりあげていく、それが戦後復興から現代までの
まちづくりだった
でも今は?
必要なものは充分にある 今の状態でむかしのようなまちづくりは必要か
まちづくりってなんでしなくちゃいけないんだろうと疑問になった

名古屋のアイデンティティを忘れないでほしい

きっと名古屋だけじゃなくってこれから日本はどんどん外国の人が増えていく
外国からどんどん入ってくる人たちをどうするか?
という課題はあるけど、それは日本全体の課題で
いち地域、自治体、個人がどうしようもできないレベルのこと
どうにかなることじゃない

将来、外国の人が増えて日本が単一民族国家ではなくなって
そうしたら名古屋はどうなるのだろう?

名古屋にきて、名古屋を歩いて、本当に面白いまちだと感じてる
江戸時代、明治、戦災からの復興、どのタイミングでも
独特の生きるパワーを感じる
まちづくりは今までのかたちではままならない
今までは「これから名古屋をどうするか?」っていう考え方だったけど
これからは「日本の中で名古屋はどんなまちか」もっと目線を引いて
「世界の中で名古屋はどんなまちか」を考えていかなきゃ
名古屋のアイデンティティを忘れないでほしい

そんなことをマフィンとコーヒーを飲みながらふわふわと考えた日


リンゴとレーズンのマフィン

Cafe Rob
営業時間:10:00〜20:00
定休日:なし

大ナゴヤ大学

講義中に出てきたおもしろそうな本