ゆる旅LIFE

大ざっぱでめんどくさがり、人見知りに小心者。だけど好奇心は旺盛な私なかりえがカナダでの生活とひとり旅の記録をまとめたブログです。

ひと味ちがう名古屋観光。名古屋で一番古い洋食屋さんと円頓寺商店街へ。

 
こんにちは、りえこです。
 
さて突然ですが名古屋といえば?
 
名古屋城、金のしゃちほこ、喫茶店のモーニング...
 
それだけじゃないんです。
 
意外と歴史の古い町、名古屋。
 
名古屋には、全国の人に知られていない渋〜いスポットがたくさんあります。
 
今回はそんな渋〜くて、休日のお散歩や、王道の名古屋からちょっと足を伸ばして訪れるのに最適なお散歩エリア『円頓寺』のご紹介をします。
 
 

円頓寺商店街とは?

 
名古屋駅と名古屋城のほぼ真ん中に位置している円頓寺商店街はもともと、信長が清洲から名古屋に移ってきた時に一緒についてきた商人たちによって作られた町でした。
 
一時期は客足が遠のいて静かになってしまった場所でしたが、現在はゲストハウス等の新しいお店ができたり、イベントが定期的に開催されたりすることもあって、賑わいが戻ってきています。
 
 

商店街散策の前に。名古屋で最も古い洋食屋、勝利亭へ。

 
さてさて、円頓寺商店街に入る前にまずはランチで腹ごしらえ。
その時にタイミングが合えばぜひとも立ち寄って欲しいのが、洋食屋『勝利亭』です。
 
なんでも1909年に創業されたお店だそうで、なんと100年以上も続いている名古屋で一番古い洋食のお店です。
 
 
 
 
昔ながらの内装が落ち着きます。
 
 
 
オムライスやメンチカツなど、王道の洋食メニューももちろんありますが、せっかくなのでこの『勝利亭』にしかないメニュー「ミヤビヤ」をオーダーしてみてほしいです...!
 
デミグラスソースのような、まろやかなソースと野菜を煮込んで卵をトッピングした料理です。
 
 
 
お店の内装が素敵だったので、写真を撮っていいか伺ったところ「古いお酒があるから珍しいんだろ」と言われました。
 
確かに、あまり見たことのないお酒がカウンターに並んでいました...!(言われてから気づいた)
 
こちらの勝利亭は、現在は不定期営業だそうです。
もしもお近くにいらした際はオープンしているかチェックしてみてもいいかもしれません...!
 
お店のwebサイト
 
 

円頓寺商店街をぶらぶら

 
 
こちらが先ほどの『勝利亭』からほど近く(というかすぐ隣)の商店街のアーケードです。
 
2015年に改装されたようで、明るくて綺麗!
雨の日でも安心して散策できるのでアーケードって強いですよね...。
 
 
 
 
商店街らしいそれぞれのお店の顔がある軒先きがたくさん。
 
 
 
 
 
 
 
思わず覗いてしまいたくなります。
 
 

円頓寺商店街の中には上の写真以外にも喫茶店が何店かあるようでした。
歩くのにちょっと疲れたら一休みできてちょうどいいですね。
 
 
円頓寺商店街の中には「金刀比羅(ことひら)神社」という小さな神社があります。
 
建てられたのは1600年、江戸時代前半のことだそうですが、この場所にもともとあったわけではなく移築された神社なんだそうです。
 
ちょうど桜の季節に行ったので、桜のピンクと神社の赤が絶妙ですごく綺麗でした。
写真スポットにも最適だと思います!
 
私はやらなかったのですが、この神社では「名古屋弁おみくじ」といって、名古屋弁で書かれているおみくじを引くことができるんだそう。
 
やってみたかった...!
 
 
 

王道コースの次に訪れてほしいスポット

 
 
私が訪れた時は雨だったのですが、商店街はアーケードになっているので濡れる心配なく、散策を楽しむことができました。
 
名古屋で一番古い洋食屋「勝利亭」はすごく雰囲気がありましたし、円頓寺商店街自体、趣があって何回きても違う発見がありそうな商店街でした。
 
大須商店街に比べると人が少ないため、落ち着いて回ることができます。
 
王道コースではないかもしれないけれど。
 
名古屋の王道観光コースを見終えたら、ぜひ次の候補にしてもらいたい素敵な場所でした。
 

イベント情報

円頓寺商店街では定期的にイベントが開催されているので、そのタイミングに合わせて訪れてみてもいいかもしれません。
 
毎月第1日曜日 フリーマーケット「ごえん市」
毎月第1土・日曜 着物日和 in 円頓寺 四間道界隈
着物の人は協賛店でサービスあり
第1日曜昼 第3日曜夕方 ホーダ・ヂ・ショーロ
ブラジルのルーツミュージックの演奏会
夏 七夕まつり
秋 円頓寺秋のパリ祭
 

 アクセス

〒451-0042

愛知県名古屋市西区那古野1丁目6

地下鉄桜通線「国際センター」駅 徒歩5分

 

 

周辺のおすすめスポット

 円頓寺商店からほど近く、四間道エリアでは江戸時代当時の古い町並みを楽しむことができたり、愛知県(と岐阜県の一部)独特の「屋根神様」という屋根の上にある小さな祠を見ることができます!

ひと味ちがう名古屋観光。屋根神様を見つけに行く旅へ。 - ゆる旅LIFE