ぷらぷられこーど

いつもひとりふらふらしてる私の旅とその準備の記録など

カナダワーホリ / ローカルお仕事探し編①ジョブリソースセンターでレジュメを印刷しよう。

こんにちは、りえこです。

前回に引き続き、バンフでのジョブチェンジについてお話しますよー。

 

ローカルで仕事探しをしたいと決めたら、何より必要なのは*レジュメ!

*レジュメ=英語の履歴書のこと

実は語学学校に通っていたとき、レジュメを添削してもらえる授業を取ってたので、レジュメ自体はもう完成していたのです。

 

カナダの仕事探しはレジュメを印刷して直接お店に配りにいくか、オンラインで申し込みするかのどちらかになります。ただ、ワーホリ経験者なら誰しもが思うことだと思うけど、オンラインで申し込みしても音沙汰がないパターンがほとんどです!

なので、レジュメを印刷して働きたいお店に配って歩きますよー!

 

そのためには何よりもレジュメの印刷!!

 

 

 

ん?印刷?いや・・・でも待って・・・バンフっていったいどこでレジュメを印刷できるんだ!?

 

こんな自然に囲まれているこの町で

 

 

 

 

 

一体レジュメを印刷できるところってあるのか!?

 

 

 

 

と心配になりましたが、バンフでローカルジョブ経験のある友だちに聞いたら「ジョブリソースセンターでできるよー!」と教えてもらってあっさり解決しました。

 

 

ジョブリソースセンター!?よし、さっそく行ってみよう!

 

ということで、レジュメのwordデータを携えて、ジョブリソースセンターとやらに向かったのです!

 

場所はここ

オープン時間

平日8:30~12:00 13:00~16:30

土日休みだったので仕事前にちょっとだけ早起きして行ってきましたよー!

 

ちょっと緊張しながらドアを開けて受付に向かう私

 

私「レジュメ印刷したいんだけど・・・」

お姉さん「Sure! ここに名前書いて、3番のパソコン使ってね。何枚印刷する?」

私「(事前に印刷できる枚数は1日15枚までと聞いていたので)15枚!」

お姉さん「OK!パソコンから1枚だけ印刷したら私がコピーするから持ってきてねー。パソコン使える時間は20分だよ」

ってな感じで案内されて言われた通りに1枚だけプリントしてお姉さんに渡しました~。

 

友だちから、レジュメのチェックもしてくれると聞いてたので、お姉さんに「レジュメチェックしてる?」って聞いたら、本当はSINナンバーとか書く申込書に記入してからチェックしてもらうみたい?(英語が聞き取れず曖昧)なんだけど、ざっと目を通す感じでチェックしてくれた。

 

 

お姉さんからチェックされたこと

・ウェブからレジュメを添付して申し込みするなら、OBJECTIVEをつけた方がいい

OBJECTIVEはたぶん、どの職種に申し込むかとか、いつ働けるかとか書く欄(曖昧ですいません)

 

あとは過去形と現在進行形がごっちゃになってることを指摘されたんだけどそれは「まあ直接渡して話すなら大丈夫だよー」って感じでOKになりました。(笑)

 

お姉さんが私のレジュメを見て

お姉さん「東京で働いてたの??東京ってすごくbusyなんだよね!?バンフで大丈夫??(こんな田舎で大丈夫という意味)」

私「自然が好きだから、バンフ好きだよ~」

お姉さん「そうなの??ハイキングとかする?」

私「ハイキングしてみたい。あと写真撮るのが好きだから~」

お姉さん「あそこは行ったことある?ぺらぺらぺら~~~~」

私「()」 

 

 

 

 

 

 

 

 

お姉さんの英語、速すぎて聞き取れませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心の中ではかなり焦ったんだけど、それを悟られないようお姉さんには精一杯笑顔と、いいね!!みたいなリアクションを取ってなんとか乗り越え?ました。

 

レジュメのコピーと封筒を受け取りながらネイティブスピーカーの話す英語の速さを目の当たりにして、英語環境で働けるのかな・・・?とちょっと自信喪失してジョブリソースセンターを後にしたのでした・・・。

 

つづく。

 

カナダワーホリ / ローカルお仕事探し編プロローグ:ジョブチェンジします。

f:id:burabura89:20170628105612j:plain

 

こんにちは、りえこです。

久々の更新になってしまった!実はタイトルにある通り、ジョブチェンジをしまして。その関係でばたばたしていたのでここ最近全然パソコン自体に触ってませんでした。

 

さてさて今回からはそんな私の仕事探しローカル編を何回かに分けて紹介します。

この記事ではなんで私がジョブチェンジしようと思ったのか?に焦点をあてて書きますよー。

 

どんな仕事をしてたの?

過去記事でも少し触れていたように、この5月から約2か月間、とある日系旅行会社のオフィスワークをさせてもらっていました。

仕事内容としては、ひとつのパッケージツアーを任されて、そのツアーが現地に来る前に時間配分に無理がないか確認したり、レストランやアトラクションの予約をしたり、ガイドさんに渡す行程表の作成をしたりします。あとは雑務。お客さんに渡すパンフレットの印刷・準備、備品の管理などしてました。

 

 

日に日に大きくなるもやもや

一つのツアーがちゃんと催行できたときの達成感とか、バンフのことを知れば知るほど仕事に活かせることができる感じとか、面白いと感じる部分もあったんだけど、同僚も取引先の会社もほとんど日本人。仕事も基本的に全部日本語。英語を使うのはレストランとかホテルに連絡するときに英語でメールや電話をするくらい。それでも十分英語の勉強にはなるんだけど、日に日に、カナダに来てまで私は何をしてるんだろう?というもやもやが大きくなっていきました。

 

割に合わない

上にも書いた通り、ひとつのパッケージツアーを任せてもらっていたのですが、基本的に任されたツアーはどんなことも自分で把握して判断して動いていくようなスタイルでした。見方を変えると、自分で何事も判断してやらせてもらえるのはすごくやりがいがあることなのだけど、正直、細かいミスも許されない大きいプレッシャーの割に時給はバンフの平均より低い時給で割りに合わないなー、と思ったこともジョブチェンジを考えた要因のひとつでした。

 

帰属意識が生まれない

面接時に聞いた時給と仕事をスタートしてから聞いた時給に違いがあったこと、また契約書を交わさずに仕事をスタートさせたことでこの会社大丈夫かな?という小さな不信感がありました。そんな状態で帰属意識なんて生まれるわけもなく。

また、納得しないと物事に身が入らないタイプなので、細かいミスや確認漏れが結構あって、同僚にも迷惑かけてるし何してるんだろー、と落ち込む日が続いてました。

 

英語環境で仕事がしたい

もっと英語の中で仕事がしたいなーと気づいてから最初は英語環境の仕事とこのオフィスワークと掛け持ちすることも考えたのですが、ミスを直していく気力もないし、そもそも掛け持ちできるほど器用でも体力もないと思ったので、夏前の忙しい時期にもかかわらず会社の方に無理を言って担当しているツアーが落ち着く6月末で退社させてもらうことにしました。

 

まー、簡単にいうと、日本にいたときと変わらない仕事の悩みを抱えてカナダに来てまで何してんだろ?って疑問に感じたのと、わたしゃ英語環境で働きたいんだ!!という自分の願望に気づいて仕事を変えることにしたのです。

 

 

ということで、仕事変えると決めて、会社の人に仕事やめます!と宣言してから実際に退社するまで約2週間。ローカル仕事探しのスタートです!

 

 

 

つづく。

カナダワーホリ / バンフの安宿Banff International Hostelに泊まろう。

こんにちは、りえこです。

 

思い返せばバンフに来たばかりのあの時期・・・私はものすごく家が見つからないことに苦しんでいました。

 

 

www.blablarecord.com

 

そんな時に滞在していたのがBanff International Hostelというホステル!

家が見つからないのはほんとーにつらかったけど、このホステル自体はなかなか居心地がよかったので、今回はBanff International Hostelってどんなところだったのか紹介しますよー。

 

 

バンフインターナショナルホステルはここです。

 

バンクーバーからのバスが停まるバンフステーションからスーツケース2つゴロゴロさせて15分くらいだったでしょうか。

 

ラウンジを奥に進んでいくとレセプションがありますよー。

 

チェックインするときに、カードキーといっしょに日本語の注意事項ももらえました。

 

 

 

 

うれしかったのがフルーツ・シリアル・パンが朝食の時食べ放題だったこと。ラウンジに下に降りる階段があるんだけど、そこにキッチンがあって朝食時間に行くとフルーツとか、トーストとか好きなだけ取って食べられるようになってました。

 

 

 

お部屋は女性専用ドミトリー4人部屋で1泊$35~$39くらい。5泊以上するとちょっと安くなるみたいでした。今までスウェーデン、フィンランドとここのホステルに泊まったけど、部屋の中にバスルームがついてるのはこのホステルだけでそれがとっても便利だった!

部屋も清潔でしたよー。

 

夜は外がちょっと騒がしくて、気になる人は気になるかなー。

 

家が見つからなくてこのホステルに長居することを決意し、ホステルのお兄さんに2週間延泊をお願いした時のブログ。

 

www.blablarecord.com

 

なかなか親切でした!

 

バンフで宿泊費を安く抑えたい人はおすすめですよー。

一番安いのはYMCAってところらしいんだけど、友だちが滞在してたときにものを盗まれたらしく、あんまり治安がよくないみたいなので、こちらをおすすめします。

 

バンフを訪れる際は候補に入れてみてくださいね。

ではでは。

 

 

 

カナダワーホリ / バンフで生ごみを捨てるには。

こんにちは、りえこです。

バンフ、やっと初夏のような気候になってきたなー・・・・と思いきや雷と豪雨で上着なしだと凍える寒さになったり、山の天気に振り回されている毎日です。

 

それでもだんだんと温かくなってきて、家の周りの草木もここぞとばかりにぐんぐん成長してるのが分かります。生後1か月の我が子を見て「わ、昨日よりおっきくなってる!」とびっくりするのと同じ心境です。子どもいないけど。

 

そんな話はいいとして、カナダでも日本でも、引っ越しをした後に割と早めにぶち当たる疑問が「そういえばゴミってどうやって捨てたらいいんだ?」ですよね?そうじゃないですか??

 

バンクーバーに住んでた時はオーナーが超がつくほどのきれい好きで、シェアハウスに住んでいたこともあり、ゴミ捨てのルールがきっちり決まっていたので困ることはなかったのですが、バンフはほぼ一人暮らしのような環境で、オーナーのデイモンは2階に住んでるんだけど、玄関が違うので今の家に引っ越してきて約1か月半、顔を見たのは最初の契約の時と、私の部屋のドアノブが壊れて外に出られなくなったときの2回だけ。

そんとき聞きゃよかったんだけど、うっかり忘れてしまい、わざわざテキストするのもなーと思って、自分で調べてみることにしました。

 

バンフのウェブサイトにごみの捨て方について載ってた

ぐぐったらTown of Banffというウェブサイトに、ごみの捨て方が載ってました。

banff.ca

 

というか正確にいうと捨て方が知りたかったのは「生ごみ」で。

紙とかペットボトルとかリサイクルできるものはそれ用のコンポストが、それ以外のいわゆる「普通ごみ」はそれ用のコンポストが町のいたるところに置いてあるんだけどなぜか「生ごみ」だけは見つからず。。

「普通ごみ」に混ぜて捨てちゃっても誰にも何も言われないだろうけど、やっぱりここはちゃんとしたいわけです!

 

と思い、調べてみると、何やらバンフ内に5つほど生ごみ用のコンポストが設置されているらしい。そして回収した生ごみはハイクオリティ肥料に使われているらしい。ふむふむ!

ということで一番家からアクセスしやすい生ごみ捨て場に行ってまいりました。

 

 

Beaver Ave沿いにあるゴミ捨て場。生ごみ以外にも、紙とかアルミなどのリサイクルごみも捨てられます。

 

中は汚いので写真自粛。この蓋を開けて、生ごみを中にどばーっと捨てます。

 

最初、バンフにおいてあるコンポストがうまく開けられなくて鍵がかかってるんじゃないかと思ったけど、どうやら中で指を上に押し上げるようにして開けるみたいでした。

 

たまたまゴミの回収車にも遭遇できた。ああやってコンポスト自体を持ち上げてどばどばっとするようだ。

 

なにはともあれ、生ごみをそのまま普通に捨ててしまうのは罪悪感があったので一安心した。こうやって地域に根付いたことを覚えていくとその土地で生活しているなーと実感できて面白いのです。

 

ではでは。

カナダワーホリ / e-Transphersを使って家賃の支払いをしたら、ものすごく簡単だった。

f:id:burabura89:20170606133050j:plain

 

こんにちは、りえこです。

 

バンフにきて2か月目。先日今のおうちの家賃をe-Transphersでしたら

めちゃ便利で感動したので今回は前回のアイアンメイデンチーズ削り器graterのに引き続き、私がカナダでちょっとだけ感動したものを紹介するコーナーです。

 

e-Transphersとは?

オンラインで口座間送金ができるシステムのことです!

これだけだったら日本でもできるけど、日本のオンラインバンクと違うのは

送金先のメールアドレスだけ分かってれば送金できちゃうところですかね。

 

私はBMOの口座からやったけど、カナダの銀行口座を持っていればだれとでもできるのかな?

 

なんで今回はBMOバージョンのe-Transphersについて紹介します

 

 

BMOのオンラインバンキングにチェックイン!

 

f:id:burabura89:20170606125758j:plain

 

パーソナルページに移動したら、

Interec e-Transphers をクリック。

 

f:id:burabura89:20170606125854p:plain

 

 

Recipient(受信者)を選択。初めて送信する相手であれば「New Recipient」を選択。

Amount に送金額を入力。$10から送金できます!

Amount to Debitで口座を選択。普通口座から送金したい場合はChequiingですよ。

f:id:burabura89:20170606130002j:plain

 

Sending Formに自分のメールアドレス

New Recipientに受信者の名前とメールアドレスを入力

f:id:burabura89:20170606130248j:plain

 

Creat a security question とCreat a securty answerは自分で考えた質問と答えを入力します。

f:id:burabura89:20170606131854j:plain

 

これで、「Verify Transpher」をクリック!

 

すると入力した相手のメールアドレスに、E-transoherからメールが届きます。

Security answerはこのメールではなく、送金者が受信者に直接教えて、受信者がSecurity answerを入力してそれが当たっているとお金が受け取れるという仕組み!

 

 

午後3時までに銀行に行ったり

ATMで振り込みして手数料を取られたり(手数料無料)

相手の口座番号とか名義とか銀行名とか聞かなくていいんです。

相手のメールアドレスだけ分かってれば送金できちゃいます!

 

何この簡単なシステム!

初めてでも15分で終わっちゃいました。

 

日本でも取り入れてほしいなーと思いました。

 

ではでは。。 

カナダワーホリ / ゴンドラに乗ってバンフをてっぺんから眺めてみたよ。

こんにちは、りえこです。

 

実は先日5月28日は

 

 

LOCALS appreciation DAY!!

 

といって年に1回バンフ(と近郊の町)に住むローカルの人限定でゴンドラや湖のボートなどドネーションで楽しめる日だったのです!

ドネーションで楽しめるって自分で書いてて意味が分からないんだけど、自分で決めたドネーション額分(寄付する分のお金)を支払えば正規料金を払わずにアトラクションが楽しめるという感じ?

 

バンフには、サルファー山という山の頂上までいけるゴンドラがあるんだけど、通常料金がなんと$56もするのでこの日を狙って友だちと楽しみにきました!!

 

ゴンドラ乗り場まではフリーのシャトルバスでいきますよー。

 

シャトルバスはBanff avenue沿いにあるElk hotel前から20分おきに出ています。

 

友だちと9:20の始発に乗る約束をしてたのに、私が場所を間違えてしまったせいで1つ遅れて違うバスに乗ることに・・・。

 

 

10分ほどバスに揺られ、ゴンドラ乗り場に到着。

めちゃいい天気だった!そして朝早いのに結構混んでました。

 

 

誰でもドネーションだけで乗れるわけじゃなくて、ローカルの人対象なので、受付でバンフに住んでることを証明できるものを見せる必要があります。

私は運転免許をバンフで英語のものに書き換えてたのでそれを見せましたよー。

その時に「ドネーション払う?」とかって聞かれたので友だちと2人合計で$5払いました。あくまで気持ちなので金額は決まってないみたい。カードで支払ってる人が多かったイメージ。

受付をすませると上のバーコード付きのチケットと、乗車時間と降車時間が書かれたチケットを2枚渡されます。

私たちの場合、10:20に乗って12:10までには降りてきてねっていうチケットだった。

ゴンドラに乗るときと降りるときにバーコードをピッとしてもらいますよー。

 

 

ゴンドラは4人乗りでスキーのリフトみたいにどんどんやってきます。

係員のお兄さん・お姉さんがお客さんが何人組なのかみて適当に振り分けていきます。

 

 

ゴンドラからの景色。登山してる人が見えたりして面白かった!

日本で乗ったことのあるゴンドラと違って結構揺れた。

 

 

ゴンドラの終着地点にある建物内。

簡単な博物館みたいなフロアや

 

 

お土産やさん、レストラン、カフェ、展望台なんかが入ってた。去年新しくできたばっかりみたいでとってもきれいでしたー!

 

 

さらにさらに、展望台から観測所まで木道が通っていて、ちょっとしたハイキング気分も味わえます。

 

この木道が、結構アップダウンもあったりして、なんだかんだ距離もあって

ちょっとだけ大変だったんだけど

 

 

ここからの景色が

 

 

 

 

 

 

 

そりゃーもうきれいで・・・

 

 

 

 

 

 

天気もよくてものすごーく気持ちよかったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

ていうか

 

 

 

 

 

 

まじたけーーー!!!(標高が)

 

 

 

 

今までの人生で一番標高が高いところにいるかもしれない、と思った。

(ちがうかな、ブータンだったかな・・・。)

 

 

あ、ちなみにこのバンフのゴンドラには世界で一番標高が高いところにある(らしい?)スタバがありますよー!!

 

 

ちなみにちなみに、リスもめっちゃいます。

 

いやー($56じゃなかったら)すっごくおすすめの場所ですよ!

本当にきれいでした。建物の中からでも十分景色を楽しめるので雪の日も、夜景もいつでも楽しめそうと思った。

 

観光で来られる方は、現地の観光ツアーなどにゴンドラが組み込まれてるものでくるのがお得かもしれません。

 

機会があればぜひー。

 

ではでは。

ワーホリ / カナダの食生活でハマっているのはあれをあれするやつ。

 
 
みなさま・・・
 
 
 
 
突然ですが・・・
 
 
 
 
 

 
これ、なんだと思いますか
 
 
 
私はこれを最初に見たときなぜかシャーマンキングを思い出しました。
 

 

シャーマンキング 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

シャーマンキング 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

 
 
 
 
 
 伝わります?笑
 
 
 
 
これ英語でgraterっていうらしいです。
 
ステイ先にあった調理器具なんですけど、名前からも形からも何に使うか全然想像できなくてオーナーのデイモンに聞いたら「チーズを削るんだよ」って教えてくれました。
 
 
 
 
ほー!!!
 
 
 
 
そいえばカナダのスーパーではいろんな種類のチーズがブロックで売っていて
 
ホステルに滞在してたとき、みんなブロックチーズを大根おろし器のようなもので削ってパスタとかサラダとかにのっけて食べてたなぁー。
 
せっかくなので私もチーズブロック買って削ってみた。
 

 
 
 
・・・
 
 
 
 
なにこれ・・・
 
めっちゃ・・・
 
たのしい・・・!!!笑
 
面によってチーズの削り加減?が変えられて、大きいところで削るとスライスチーズみたいになってトーストに乗せられるし、細長いのはパスタだし、パラパラしてるのはサラダ・・・って、チーズの可能性めっちゃ広げてる!!!!
 
日本にいるとき料理に使うチーズなんてピザ用チーズだけだったもんなぁ。
 
 
こんな感じで今はgracer毎日チーズ削ってます。
 
 

 

Amazonにふつうにあった。 

四面 チーズ卸器 105×80×H235 中 M2180

四面 チーズ卸器 105×80×H235 中 M2180

 

 

四面チーズ卸器・・・。

 

 

 ものすごく久しぶりに読みたい。

シャーマンキング 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

シャーマンキング 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

鋼鉄の処女

鋼鉄の処女