ぷらぷられこーど

いつもひとりふらふらしてる私の旅とその準備の記録など

カナダ ワーホリ / Tim Hortonsでのお仕事 英語の壁

f:id:burabura89:20170909023838j:plain

こんにちは、りえこです。

また久々の更新に!!最近、英語の勉強に力を入れております。

もう自分の英語がダメダメで・・・。今回はそんなことを感じた仕事のお話ですよー。

 

 

 

 

 

前回までのブログでドリンクづくりとレジ打ちを覚えたお話をしました。

 

 

www.blablarecord.com

 

 

www.blablarecord.com

 

 

 

実はTim Hortonsで一番大変だと考えている仕事、それはドリンクを作ることでもレジでお客さんの対応をすることでもないんです。

 

それは、なにかというと

 

サンドイッチづくり!!

 

みなさん、Tim Hortonsはドーナツとコーヒーだけ売ってるお店じゃないんですよー。サンドイッチとかベーグルとかお店で注文を受けてから作ってるんですよー。

 

サンドイッチづくりのお仕事

Tim Hortonsではドーナツの種類と同様、サンドイッチの種類もたくさんあって、ベーグルの種類もたくさんあって(北米の人はベーグルをよく食べるらしい)しかもカスタマイズもできます。(BLTサンドイッチのソース抜きでパンをトーストしてバターを塗って、みたいな)

サンドイッチパーソンはドリンクづくりと同じくレジで注文を受けたら順番にサンドイッチを作ってお客さんに渡すのですよ。

 

サンドイッチづくりの何が大変か

サンドイッチつくるだけだったらそりゃ簡単なお仕事なんですけど、そうはいかない大変さがあります。

 

それが

今ある食材の在庫を管理しながらレジの人が間違って注文取らないように気をつけながらベーカーさん(裏でドーナツとか焼いてる人)に今あるものを伝えること

もちろん英語で。

これをサンドイッチ作りながら同時進行でやらなきゃいけない。

 

もー、これが仕事初めて2か月たった今でも焦るときがあるくらいです。

 

「今○○が切れてるから注文取らないで」とかレジの人に伝えないといけないんだけど、焦ってる時は余計英語が出てこなくなるし、普通に同僚から「I don't understand what you say.」とか言われて落ち込みます。

 

仕事を通してぶつかった英語の壁と自分の短所

もともとあまり人に頼み事をせず自分でやっちゃった方が早いって思っちゃう性質だったんですけど、今の仕事を通して素直に人に頼んだ方がスムーズに物事進むなと実感しました。

あと圧倒的に同僚とのコミュニケーションが足りなくてそのせいで仕事が滞ったりしちゃって反省してます。

 

英語でどういったらいいんだろう?って考えてるよりも先にやっちゃった方が早いんじゃない?って思って体が動いちゃうんだよなー。

 

スーパーバイザーにも「You can ask.」って「わからなかったり困ったりしたら聞いたり頼んだりすればいいじゃん!」って言われます。

 

他の人への何かを頼む時も「この言い方でいいだろうか」とか上からじゃないだろうかとか考えるので英語も鍛えられてる感じがすごくする。

 

同僚と英語でコミュニケーションを取ることに億劫にならずに仕事をちゃんとこなす!のが今の課題です。

 

なんかただ考えてることの垂れ流しになってしまった。

 

ではでは。

 

 

カナダワーホリ / Tim Hortonsでのお仕事③レジで注文を取るよ。

f:id:burabura89:20170826021829j:plain

こんにちは、りえこです。

久々の更新になってしまった!特になにがあったというわけじゃなくて、毎日バリバリ元気にTim Hortonsで仕事してますよー。

 

さてさて、今回は前回の更新からちょっと間が空いてしまったんですが、ドリンクづくりの次に挑戦したレジについて書きますよ。

 

 

 

 

仕事を始めて5日目でレジのトレーニングをする

やっとドリンクづくりがなんとかできるようになってきた5日目の

客足も遠のいてきた夕方ごろのこと。

 

フィリピン人スーパーバイザー(現場の責任者的な人)「りえこ~、今入って何日目だっけ?」

私「今日で5日目ですよー」

ス「じゃ、もうTill(レジのこと)できるようにならないとね!」

私「えー!!いや、無理っす!無理!ドリンクだけで精一杯なのに!!(的な片言の英語)」

ス「エローラなんて入って3日目でTillやり始めたよー」

私「・・・(いやいや彼女は英語ネイティブのカナディアンだし、私なんて仕事もまだ覚えられてないうえに英語がそもそもおぼつかないのに的なことを考えるも英語で話すことができず)」

 

結局この日は私の終業時間が迫っていたこともあり、14才のカナディアンガール・エローラちゃんにレジの打ち方を簡単に教えてもらって帰宅。

 

次の日のシフトがたまたま日本人マネージャーさんと同じシフトだったので、日本語でレジの打ち方とか注文の取り方とか教えてもらいました。いやー、これ英語で教えられてたらと思うとどうなっていたのかと今でも思う。

 

注文を取るときの流れ

私が今でもやってるTim Hortonsの注文の取り方を紹介します。

 

お客さんがレジに近づいてきたら笑顔で

私「Hi!」

お客さん「Hi!How are you?(と聞かれるときもあるので)」

私「Good! and you?」

お客さん「Good. I'll have just a midium double double, pease.」

私「Sure!1.88 please」

これだけ~~~~。

食事のオーダーをされたときは「Is it stay or to go? (お召し上がりか持ち帰りか」と聞いたり

おつりを渡すときは「Here's your change.」とかって言って渡したりしてます。

あとは「コーヒー」とだけ頼むお客さんにはサイズを聞いたりミルクとか砂糖を入れるのか聞きます。

How do you take your coffee?とかHow do you like it?って聞けば「just black」とか「1 sugar 1 milk」って言われます。

同僚のカナディアンたちは割と「anything in your coffee?」って簡単な聞き方で済ませてる人が多い気がする。

 

最初の時はお客さんの注文を聞きながらレジを打ちながらっていうのが大変だったけど、今はずいぶん慣れましたー。

ただ、英語が上手な同僚たちはこんなにシンプルな聞き方じゃなくてもうちょっと丁寧に聞いてるような気がするんだよなー。そこらへんがまだ聞き取れないことが多くて。もうちょっと英語でお客さんに喜んでもらえるような接客ができるようになりたいものです。

 

悩みと大変なこと

やり始めたばかりの時はまだメニューも、レジのどこに何のボタンがあるのかも覚えられてないしお客さんの注文を取りながら、ときにはサンドイッチを作る人から「今チキン切らしてるから注文取らないで!」とかって言われてそれを頭に入れながらやらないといけなかったりでかなりいっぱいいっぱいで大変だったけど、今はずいぶん慣れてスムーズに注文を取れるようになりました。

ただやっぱり今でも「壁にぶつかってる」と感じるのが英語。たまに商品のことなどで質問されても聞き取れなかったり答えにつまってると同僚がすぐに助けに入ってくれるんだけど、そうするとどうしてもお客さんはその同僚と話すことになるので、それまでレジを取っていた私の存在はまるでなかったもののように扱われるときがあって、そんなときは今でもつらいなー、と感じます。

こればっかりは自分の英語力の問題なので、勉強あるのみだと思ってがんばってますよ。お客さんも同僚もおおらかで優しいので毎日楽しく仕事してますよー。

 

次回はトレーニングの終盤、サンドイッチづくりのことを

ではでは。

カナダワーホリ / Tim Hortonsでのお仕事2日目

f:id:burabura89:20170803121802j:plain

 

怒涛のビデオ鑑賞を終えて、次はいよいよ制服を着てドリンクづくりのトレーニングですよー!!緊張!!

 

この日はカナディアンの同僚についてもらって手とり足とり、ドリンクづくりを教えてもらいました。

ていうか、英語が絶望的に聞き取れないのでジェスチャーでひとつひとつ教えてもらう感じ。

 

話それるけど、学校で学ぶ英語と全然違うっていうか、もはや違う言語なんじゃないの!?って思うくらい同僚のカナディアンたちが何話してるのかわからないです。主にスピードが速すぎて。この時点で「私やっていけるのかな?」ってちょっと心が折れそうでした。実際はなんとかかんとかついていけてます。

 

ドリンクづくりの人は主にレジの隣にスタンバイしていて、ドリンクのオーダーが入ったら順番に作り始めます。モニターにドリンクのオーダーが次々入ってくるんだけど暗号なんじゃないかっていうくらい最初はなんのことだかさっぱりわからなくて、いっしょにドリンクを作ってくれる同僚についてもらってなんとかさばける感じでした。。

 

 

「最初にクリームを入れて~」

 

(私がクリームを入れるのを待っている)

 

「次にコーヒーを入れて~」

 

(私がコーヒーつぎ終わるのを待ってる)

 

「かき混ぜて~」

 

(私が(以下略)」

 

この間に次々と溜まるオーダー、目の端にうつる人の列

 

いや、いいんだよ!?!?私がやってる間に他のドリンクつくってもらっててもいいんだよ!?!?

 

と教えてもらってるくせに内心めちゃめちゃ焦るくらい丁寧に教えてもらいました。

 

なんていうか

 

カナディアンって全然焦らないんだな。

と思った。

 

 

お客さんも待たされてるからってピリピリするわけでもなく、「トレーニングしてるの~?」なんて話しかけてくれたり、「Thank you for waiting!」なんていうと「I know you're busy.」なんて返してくれたりします。

そこが日本と違うところかなーと。。

(あまりにも待たせすぎるとクレームを言う人もいるけど)

 

久しぶりに体中筋肉痛になった。

 

つづく。

カナダワーホリ / Tim Hortonsでのお仕事初日

f:id:burabura89:20170727201908j:plain

こんにちは、りえこです。

 

なんとかかんとか次の仕事が決まった前回の記事はこちら。

 

www.blablarecord.com

 

いよいよ、Tim Hortonsでのお仕事初日です!

 

初日はお店に行って1時間半ほどかけて契約書(時給や商品のディスカウント、保険など)を読んで書いて・・・

 

あとの時間は、研修のビデオ鑑賞!!

 

実は高校生の時マクドナルドで少しだけバイトしていたことがあって、その時もビデオを見せられたのでそんときと同じ1~2時間くらいの内容かな?と思っていたら

 

なんと

ビデオの時間 が

8時間

 

8時間ビデオ鑑賞・・・。

 

面接のときに言われたのですが、思わず「えええ!!!」と叫んでしまいました。

(その時間も時給は出るんですけど)

 

 

書類作成が終わって、そのあとはベーカーさんがドーナツやパンを焼いている横でひたすらビデオを見るだけのお仕事・・・。

 

ベーカーさんは好きな音楽を聴きながら仕事をしてもいいらしく、爆音のメタルがかかっている中Tim Hortonsの歴史から、ドリンクやサンドイッチの作り方までどっさり詰め込みましたよ。

 

イヤホンつけて聞けばいいかな?って思ってイヤホンジャックを探したけど見つからず、ベーカーのカナディアンもいっしょになって探してくれたけど見つからず、字幕がついてるからいっか!ってことで結局爆音のメタルの中ビデオ鑑賞。

 

1日中ぶっ通しでビデオを見た疲れと、油のにおいと、爆音のメタルにちょっと気分が悪くなったTim Hortons初日でした。

 

つづく。

カナダワーホリ / ローカルお仕事探し編⑥次の仕事決まったよ。

f:id:burabura89:20170720145744j:plain

気になってたドーナツチェーンから面接の連絡がきて、さらにレジュメを落としたカフェでトレーニングもゲットして、これはかなりきてる・・・波がきてる・・・

私の時代がきてる・・・・!!!

と、半分調子に乗りつつ、半分前回の英語の面接で痛い思いをしているので

 

今回はもう絶対に後悔しないようにしよう!!!

 

と、心に決めドーナツチェーンの面接に向けて準備していったのでした。

 

というかカナダのドーナツチェーンっていって気づいてる人はとっくに気づいてると思うけど、私が今回面接ゲットしたのは

 

Tim Hortonsです。

 

※Tim Hortonsを知らない人のために・・・

カナダ(とアメリカに2店舗)あるコーヒー&ドーナツチェーンというか、ドーナツも売ってるしサンドイッチも、ベーグルもあるファストフード店。安いしおいしい!!!バンクーバーにいた学生時代かなりお世話になっていたのでした。

カナダにしかないので旅行に来る方はぜひお立ち寄りになってみてくださいな。

 

 

 

 

前回答えられなかった質問に対する答えも考えていって、Tim Hortonsの面接でよく聞かれる質問もシミュレーションして(ネットで調べると出てくる)

 

バンフからキャンモアまでのバスの中で必死に暗記し

 

面接時間ぎりぎりまでメモを見て暗記し

 

 

よっしゃー!!!!どこからでもかかってこいやぁあああ!!!!!!!!!!!!

 

 

とかなり意気込んでお店に乗り込み、ジョブインタビューで来たことを告げマネージャーさんを待つ

 

 

 

 

 

(最初の挨拶ってなんていえばいいんだ??Nice to meet you How are youとか言っておけばいいのか!?)

なんて考えながら緊張してカウンターの隅の方で待っていると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あ、もしかしてりえこさんですかー??初めましてマネージャーのK(イニシャル)です~」

 

 

 

 

 

 

日本語だー!笑

 

 

 

 

 

なんと私がレジュメ落としたTim Hortonsのマネージャーさんがたまたま日本人の方だったのでした。面接は英語でやるのかななんて思ったら、「土日は絶対入ってほしいけど大丈夫か」とか時給の話とか、なんというか採用する前提の内容でもうその場で次に来る日も決めて15分ほどで終わった笑

 

聞くと、夏はハイシーズンで特に忙しいのに人が足りてなくて大変な状態だったらしい。

 

ということで

 

 

なにはともあれ

 

 

晴れて

 

 

 

Tim Hortonsで働くことになりましたー!!!

わーい!!!

 

というかこの記事書いてる今すでに採用されてから3週間くらいたってるのでバリバリフルタイムで働いてます。

 

前述したカフェでのトレーニングですが、Tim Hortonsにするかそっちのカフェにするか正直結構悩んだんだけど、前職をやめた一番の理由が英語環境で働いてみたいっていうことだったので、それを考えるとカフェの方は、お客さんは地元の人が多いみたいだけど従業員さんはほとんど日本人の方。

Tim Hortonsの方は日本人は私とマネージャーさんだけで、そのほかの人はほとんどが英語が母国語か公用語の人(カナディアンのスチューデントがたくさん働いてる)。

カフェの方はバリスタの経験もできるし、すごくいい雰囲気のカフェではたらきたーい!!って思ったけど、そこで働いちゃうとまた後悔してしまいそうだったし、Tim Hortonsの方もすごくいい雰囲気だったので自分のやりたいことと照らし合わせて、カフェのトレーニングはお断りしたのでした。

 

3週間働いてみて、Tim Hortonsは特に土日がめちゃめちゃ忙しいけどお客さんも地元の人だし、同僚もみんな英語が堪能なので英語環境で働きたいワーホリ初心者の私にはちょうどいいところだったのかなーと思ってます。(仕事自体は覚えることがたくさんあるけど、そんなに難しくない)

 

ちなみに時給は$14ですよー。

 

私的に田舎のTim Hortonsは英語環境で働きたい人におすすめかもです。

(バンクーバーにいたときはTim Hortonsは英語がFirst Languageじゃない人しか働いてないイメージだったので)

 

これにてローカルお仕事探し編終わり。

 

これからTim Hortonsでのこともちょっとずつかけたらいいなと思ってます。

 

ではでは

カナダワーホリ / ローカルお仕事探し編⑤キャンモアでのレジュメ配りその後

f:id:burabura89:20170714012320j:plain

キャンモアでレジュメ配りを終えた次の月曜日。オフィスで仕事をしながら、連絡来るかなーくるかなーとそわそわして待っていた私ですが、結局どこからも連絡はこず・・・。

 

もうだめだ、死にたい、やっぱり私なんてどこも雇ってくれないんだ、どうしよう

うわああああ

と猛烈に落ち込みながら仕事をしていた火曜日、はあー、おなかすいた、お昼食べよ、とお昼休みにお弁当をあっためている途中、スマホをみると、キャンモアのドーナツチェーン店とカフェからメールが!!

どちらも、「インタビューしたいんだけど○日にどう?」という内容!!

 

きたー!!!!

空腹も吹っ飛び、急いで返信。

 

「平日は仕事してるから難しいけど、土日だったらいつでも大丈夫です」という内容のメールをどちらにも返信しました。

 

終業後、緊張しながらメールを開くと、ドーナツチェーン店から「土曜日の12:30からインタビューできる?」と返信が!

わーい!インタビューゲット!!

 

カフェの方からも返信がきてたので、開いてみると

 

「今日何件かインタビューしてもう決めちゃった。

Thank you for your time」

 

なんだこのあげて落とされた感覚は・・・

 

まあ、ここは単にご縁がなかったと思うことにしよう!(1件インタビューが決まっているので心に余裕がある)

 

 

 

 

はー、よかったー、しかもすっごくお店の人の感じがよかったところでインタビューしてもらえるー!うれしー!!!

 

と、スキップしそうな勢いで帰宅していたところ・・・

 

 

 

「すいませーん!」

 

 

 

「すいませーん!!」

 

ん・・・?なんか日本語で呼び止められてる気がする・・・。

 

ここ、カナダだし気のせいだよな。(スルー)

 

 

「すいませーん!!!!」

 

 

いや!?やっぱり日本語ですいませんって言われてるよね!?私!?

 

と、びっくりして振り返ると、以前バンフでレジュメを渡したカフェの店員さん(日本人)がめっちゃ走ってこっちに向かっている。

 

みなさま、覚えていますでしょうか、ものすごくビビっていたバンフでのレジュメ配りで私が唯一レジュメを落とすことができたことを・・・

 

 

www.blablarecord.com

 

この時のカフェの店員さんが私を追いかけていたのです!!

ただ、レジュメを配ったときはもう人は足りてるのでたぶん難しいと思うといったことを言われてあきらめていたので、なんだろう?と思っていると

「オーナーが話したいと言っているので!」と言われ、ついていくと、韓国人女性のオーナーが私たちのことを待っていました。

 

話を聞くと、オーストラリア人の女の子のワークビザが降りず、帰国しなければならなくなったので、急きょ人が足りなくなってしまったとのこと。

 

「こういう仕事の経験あるんだよねー??で、いつ来れる?(にこにこ)」

 

てな感じで面接らしい面接もなく、とんとん拍子でトレーニングしてもらえることに。

 

旅行会社での仕事がうまくいかず、思い切ってジョブチェンジすることを決めて、最初は面接もレジュメ配りもうまくいかなかったけど、ここにきていい方向に徐々に進んでいることを感じて本当にうれしかった。

 

波がきてる・・・!!と思った。

 

とりあえずトレーニングしてもらえるところが1件決まったので、落ち着いてドーナツチェーンでの面接に備えよう!と決めた日でした。

 

つづく。

カナダワーホリ / ローカルお仕事探し編④バンフの隣町、キャンモアでレジュメ配り

f:id:burabura89:20170712045956j:plain

こんにちは、りえこです。

 

前回、初めての英語での面接を終え、こてんぱんにやられて意気消沈して迎えた週末。

 

 

 

www.blablarecord.com

 英語の面接でダメダメだったときのブログ。

 

実はその土日にやろうと思っていたことがあるのです。

 

それが、

バンフの隣町、キャンモアでのレジュメ配り!

 

家探しの時に1回だけ訪れたことのあったキャンモア。

その時、降り立ったその瞬間から、「あ、この町好きだ!」と直感しました。

なんていうか流れてる時間がバンフと違うっていうか。

のんびりしてる感じなのです。

バンフはツーリズムタウンなので、観光客の人がひしめき合っていて、私にはちょっとにぎやかすぎるかなぁ、と。それもあってバンフでのレジュメ配りに躊躇していました。(本当はビビっていただけ)

 

 

www.blablarecord.com

 (キャンモアまでのバスの乗り方を紹介したブログ)

 

 

レジュメ配りのために再び訪れたキャンモア。

やっぱり私の直感は間違っていなかったのです。

「ここで働きたい」って思いました。

 

ということで、張り切ってレジュメ配りするぞ!!!(往復$12もかけてきてるからビビッて渡せなかったなんてことはないように!!!(強調))

 

ダウンタウンから少し外れたところでレジュメ配り

意気込んでキャンモアの地に降り立ったのはお昼頃。バンフより人は少ないといっても、お昼時はお店も混んでいます。ぐるっとダウンタウンをまわったところ、どこもレジュメを渡せそうな雰囲気ではなかったので、ダウンタウンからちょっと外れたところを先に回って時間をつぶすことに。

 

狙うはファストフード店か、カフェ!(変なこだわり)

 

1件目 ファストフード店

ドライブスルー付きの大き目なファストフード店。

思い切って入ってみるとお客さんは少なく、お店の人に「仕事探してるんだけど、今募集してる?」と聞くと「してるよ。レジュメ持ってる?マネージャーに渡すね」と!

レジュメを渡すといったん奥へ行ってまた戻ってきた彼。「今渡したよ。マネージャーから連絡行くと思う」と言われました。

初めてレジュメを渡せたことに満足して「わかった!ありがとー」といってあっさり退散。笑

 

2件目 カフェ

1件目の向かいにあるカフェ。実はここ、kijijiで初心者歓迎のカフェでバリスタを週末だけ募集してたカフェなのです。1度メールするも、音沙汰なかったので、この機会に直接渡してみることに。1件目より緊張。思い切って突撃すると、若い男の店員さん。「ここで働きたいんだけど、今募集してる?」と聞くと「わからない。マネージャーに聞いてみないと・・・」と今出て行った人の方を指さす彼。あの人マネージャーだったのかー!とりあえずその彼にレジュメを渡して、急いで外に出たけど、もう車で走り去っていった後でした。ニアミス。

 

3件目 日本食レストラン

1件目と2件目のお店に行く途中、妙に外観がファンシーというか、ファンタジーな日本食レストランを見つけました。なんとなく、「ここ日本人経営じゃないな!」と思い、面白そうなのでそこにもレジュメを落としてみることに。

中に入ると南米人らしき男性でカウンターでご飯を食べてました。

この人絶対お店の人だ!!

と、一目見て確信したのですが、その理由が

その人が日の丸の鉢巻きをしていたからです。笑

バッサー(片付け)する人だけ募集してるみたいで、私が日本人であることにすごく喜んでくれて「レジュメ見てまた連絡するね!」って言われてそのお店を後にしました。

 

4件目 コーヒー&ドーナツチェーン

コーヒー&ドーナツチェーンって書いたら、カナダに来たことのある人は誰でもどのお店のことかわかると思うけど。笑

3件連続でレジュメを落とすことができたので、なんだか満足してとぼとぼと歩いていると、大き目なスーパーの中に入っているこのお店を見つけました。

実はバンクーバーにいたときから大好きだったお店。

せっかくだから落としてみよう!と中に入ってみるとこぢんまりしてていい感じ。

「ここで働きたいんだけど・・・」とレジの女性に声をかけると、専用のアプライシートを渡されて住所とか働ける時間帯、今までの職歴とやめた理由を簡単に書きました。レジュメといっしょにアプライシートを渡して、そこで簡単なやり取りがあったんだけど、なんというか、その女性が本当に感じのいい人で!!お店の雰囲気もよかったので「ここで働きたい!」と思いました。

 

なんだか晴れ晴れとした気持ちでお店をあとにして、本当はそのあとダウンタウンでレジュメを配るつもりだったけど、なんだかすごく満足してしまったので、そこでバンフへ帰ることにしました。

 

どうなる職探し?

 

つづく。